What's New!

最新のWhat's New
ここからしか飛べない過去のページもあるよ.


----------------------

7 月 19 日: ボッケリーニについてのレクチャー&ライブ開催しました

チェロは美しい!歌と室内楽のひととき
〜室内楽の父:ボッケリーニ〜at愛知サマーセミナー2014
http://www.samasemi.net/
日時:2014年7月19日(土)9:30‐10:50
場所:名古屋経済大学高蔵中学校・高等学校(桜山駅徒歩10分)特別教室棟2F音楽室B
参加費:無料(定員50名)講座番号:A137

ルイジ・ボッケリーニ(1743‐1805) は,ハイドンとモーツアルトの中間の世代の 古典派全盛期の作曲家ですが,「メヌエット」「チェロ協奏曲変 ロ長調」など今も有名な曲はわずかです.しかし,在世中はヨーロッ パ有数の著名人でした. 彼が活躍したのはフランス革命前後であり, 貴族の力が衰え,ブルジョワジーという 小金持ちの市民階層が勃興する時代でした. 彼らアマチュア音楽家は,宮廷よりも小規模なサロ ンや家庭内で,ヴァイオリンやチェロなどの楽器を持ち寄り数人で合 奏する「室内楽」に興じました.弦楽四 重奏やピアノ五重奏といった室内楽作品は,出版によって流通しましたが, そのベストセラー作曲家のトップ 2 人が,ボッケリーニとハイドンだったのです. 本レクチャー&ライブでは,室内楽の誕生について,演奏とトークでご紹介いたします.

多数の方のご来場をいただき,ありがとうございました. 来年は,メンデルスゾーンについて計画中です.


----------------------