論文等

google scholar

原著論文

  1. H. Washizu, H. Yoshida, T. Kinjo, "Coarse-grained Molecular Simulation of Spherical Colloids in organic electrolyte solution", Chem. Phys. Lett., in preparation.
  2. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, "A Numerical Simulation of Brownian-Particle Suspensions Using the Lattice Boltzmann Method", Chem. Phys. Lett., in preparation.
  3. H. Washizu, T. Ohmori, A. Suzuki, "Molecular Origin of Limiting Shear Stress of Elastohydrodynamic Lubrication Oil Film Studied by Molecular Dynamics", Chem. Phys. Lett.,678, 1-4 (2017). pdf, pdf (arxiv)
  4. T. Maeda, H. Washizu, "Mechanism of ultra-low friction of multilayer graphene studied by all atom molecular dynamics", Microsyst Technol., (2017) 10.1007/s00542-017-3398-5. pdf , pdf (free)
  5. H. Zhang, M. Fukuda, H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, K. Fukuzawa, S. Itoh, "Shear properties of nanometer-thick perfluoropolyether films confined between corrugated solid surfaces: a coarse-grained molecular dynamics study", Trib. Intl., 93, (A), 163-171 (2016). pdf
  6. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, "An analysis of electro-osmotic flows in a microchannel with undulated surfaces", Computers & Fluids, 124, (2) 237-245 (2016). pdf
  7. S. Kajita, M. Tohyama, H. Washizu, S. Ohmori, K. Watanabe, S Shikata, "Friction modification by shifting of phonon energy dissipation in solid atom", Tribology Online 10, (2) 156-161 (2015). won The Paper Award pdf
  8. H. Yoshida, H. Mizuno, T. Kinjo, H. Washizu, J. L. Barrat, "Generic mechanical transport coefficients of a confined electrolyte solution", Phys. Rev. E 90, 052113. (2014). pdf
  9. H. Yoshida T. Kobayashi, H. Hayashi, T. Kinjo, H. Washizu, K. Fukuzawa, "Boundary condition at a two-phase interface in the lattice Boltzmann method for the convection-diffusion equation", Phys. Rev. E 90, 013303. (2014). pdf
  10. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, H. Mizuno, J. L. Barrat, "Molecular Dynamic Simulation of the Electrokinetic Flows of an Aqueous Electrolyte Solution in Nanochannels", J. Chem. Phys. 140, 214701. (2014). pdf
  11. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, "Coupled lattice Boltzmann method for simulating electrokinetic flows in Microchannels", Commun. Nonlinear. Sci. Numer. Simulat. 19 (10) 3570-3590. (2014). pdf
  12. H. Washizu, S. Hyodo, S. Ohmori, N. Nishino, A. Suzuki, "Macroscopic no-slip boundary condition confirmed in full atomistic simulation of oil film", Tribology Online 9, (2) 45-50. (2014). pdf
  13. T. Kinjo, H. Yoshida, H. Washizu, "Polarizable Dissipative Particle Dynamics Simulation of Electrolyte Solutions", JPS Conf. Proc. 1, 016017. (2014). pdf
  14. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida., "Structure of polyelectrolyte brushes studied by coarse grain simulations", Friction, 2 (1), 73-81. (2014). selected as cover page pdf
  15. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori, "Simulation of solid-friction dependence on number of surface atoms and theoretical approach for infinite number of atoms", Phys. Rev. B 86, 07545 (2012). pdf
  16. H. Washizu, S. Kajita, M. Tohyama, T. Ohmori, N. Nishino, H. Teranishi and A. Suzuki "Mechanism of ultra low friction of multilayer graphene studied by coarse-grained molecular simulation", Faraday Disc., 156 (1), 279 - 291, (2012). pdf
  17. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori. "Approach of semi-infinite dynamic lattice Green's function and energy dissipation due to phonons in solid friction between commensurate surfaces", Phys. Rev. B. 82, 115424 (2010). pdf
  18. H. Washizu, T. Ohmori. "Molecular Dynamics Simulations of Elastohydrodynamic Lubrication Oil Film", Lubrication Sciences, 22, 323 (2010). pdf
  19. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori. "Deep bulk atoms in a solid cause friction", Euro Phys. Lett. 87, 6, 66002(2009). pdf
  20. H. Washizu, S. Sanda, S. Hyodo and T. Ohmori, N. Nishino and A. Suzuki, "Molecular Dynamics Simulations of Elasto-hydrodynamic Lubrication and Boundary Lubrication for Automotive Tribology", J. Phys.: Conf. Series, 89, 012009, (2007). pdf
  21. H. Washizu, S. Sanda, S. Hyodo and T. Ohmori, N. Nishino and A. Suzuki, "A Molecular Dynamics Analysis of the Traction Fluids", SAE 2007 Transactions, Journal of Materials and Manufacturing, V116-5, 2007-01-1016, (2007). pdf
  22. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 鈴木 厚, "分子動力学法によるフルードのトラクション特性解析(第2報) −分子内・分子間相互作用に着目したトラクション発現機構解析−", トライボロジスト 51 (12), 892-899, (2006). pdf
  23. 鷲津仁志・三田修三・大森俊英・鈴木 厚, "分子動力学法によるフルードのトラクション特性解析(第1報) −適正計算条件の選定−", トライボロジスト 51 (12), 885-891, (2006). pdf
  24. H. Washizu, K. Kikuchi, "Electrical Polarizability of Polyelectrolytes in Salt Solution" J. Phys. Chem. B, 110 (6), 2855-2861, (2006). pdf
  25. H. Washizu, K. Kikuchi, "Electrical Polarizability of Polyelectrolytes in Salt-free Aqueous Solution" J. Phys. Chem. B, 106 (43), 11329-11342, (2002). pdf
  26. H. Washizu, K. Kikuchi, "Anisotropy of the electrical polarizability of a model DNA fragment in aqueous salt solution" Chem. Phys. Lett., 320, 277-281, (2000). pdf
  27. H. Washizu, K. Kikuchi, "Concentration dependence of the anisotropy of the electrical polarizability of a model DNA fragment in salt-free aqueous solution studied by Monte Carlo simulations", Colloids Surfaces A: Physicochem. Eng. Aspects, 148, 107-112, (1999). pdf
  28. H. Washizu, K. Kikuchi, "Anisotropy of electrical polarizability of a DNA fragment", Chem.Lett., 651-652, (1997). pdf

著書・編著

  1. K. Kikuchi, H. Washizu, "Simulation of Electric Polarizability of Polyelectrolytes", in " Molecular and Colloidal Electro-optics" Stoyl P. Stoylov and Maria V. Stoimenova Eds., Surfactant Science 134, CRC Press, (2006).
  2. 鷲津仁志,諸星圭,"特集「界面のダイナミクス‐理学から機 械工学まで‐」", アンサンブル,17 (1), 5-6, (2015).
    分子シミュレーション研究会編, 特集 / 界面のダイナミクス‐理学から機 械工学まで‐,分子シミュレーション研究会会誌 アンサンブル,17 (1), (2015). pdf
  3. 鷲津仁志, "「トライボロジーの分子シミュレーションの新展開」特集号発刊によせて", トライボロジスト, 58 (9) 609, (2013).
    トライボロジー学会編, 特集/トライボロジーの 分子シミュレーションの新展開, トライボロジスト,58(9), (養賢堂, 2013).

総説,解説記事等

  1. 鷲津仁志,"弾性流体潤滑の物理化学", アンサンブル, 19 (1), 28-33 (2017).
  2. 鷲津仁志,"自動車のナノトライボシミュレーション技術", 潤滑経済, 621 (1), 34-39 (2017). web
  3. 鷲津仁志,"マルチスケールにおける摩擦・潤滑現象のシミュレーション", 日本機械学会誌, 119 (1176), 620-623 (2016).
  4. 鷲津仁志,"研究室紹介 No. 63 兵庫県立大学大学院シミュレーション学研究科鷲津研究室", 月刊トライボロジー, 30 (10) 72 (2016).
  5. 鷲津仁志, "分子シミュレーションによる表面膜の摩擦メカニズム解析", J. Vac. Soc. Jpn., 58 (6), 221-226 (2015). pdf
  6. 鷲津仁志,"摩擦の分子シミュレーションとエネルギー散逸", 表面科学, 36 (5), 242-246 (2015). pdf
  7. 鷲津仁志,"自動車パワートレーンにおける ナノシミュレーション技術",月刊トライボロジー, 29 (5), 26-28 (2015).
  8. S. Kajita, H. Washizu, S. Ohmori, "Exact Solution and Simulation Method for Energy Dissipation via Lattice Vibration at a Friction Interface", R&D Review of Toyota CRDL, 45 (4), 43-50, (2014). pdf
  9. 鷲津仁志, "イオン系固液界面の分子シミュレーションの新展開", 表面技術,65(12), 585-590, (2014). pdf
  10. 鷲津仁志, "追悼: 兵頭志明教授 (兵庫県立大学)", 分子シミュレーション研究会会誌 アンサンブル,16 (3), 141-142, (2014). pdf
  11. 鷲津仁志, "クーロン・スープ工房", 高分子,63 (1), 52-53, (2014). web
  12. 鷲津仁志, "粗視化シミュレーションによる層状化合物の低摩擦機構解析", トライボロジスト, 58 (9) 642-648, (2013). pdf
  13. H. Washizu, S. Sanda, S. Ohmori, "Molecular Dynamics Analysis of Elastohydrodynamic Lubrication Oil Film", R&D Review of Toyota CRDL, 44 (2), 1-10, (2013). pdf
  14. 鷲津仁志, "ソフトマター界面を支配する三つの分子間力の大規模シミュレーション", 日本機械学会誌, 110 (1068), 883, (2007). pdf
  15. 鷲津仁志, 三田修三,大森俊英, "EHL油膜のトラクション特性", フルードパワーシステム, 38 (5), 253, (2007).
  16. 鷲津仁志, 大森俊英, "分子動力学を用いたトラクション特性解析", トライボロジスト, 52 (3), 180, (2007). pdf

論文(査読なし)

  1. H. Washizu, K. Kikuchi, ”Anisotropy of the electrical polarizability of model DNA fragments in aqueous salt-free and salt solutions”, Rep. Prog. Polymer Phys. Japan, 43, 615-632, (2000).
  2. H. Washizu and K. Kikuchi, ”Electrical Polarizability Anisotropy of a DNA fragment”, Rep. Prog. Polymer Phys. Japan, 40, 597-600, (1997).

その他出版物

  1. 鷲津仁志, "エンジンのナノシミュレーション技術", ベアリング新聞, 新樹社, 3 月 20 日号 (2016).
  2. 鷲津仁志, "Faraday Discussions 156 Tribology 報告", トライボロジスト 58(2), 127, (2013). [学会報告記事]
  3. 鷲津仁志, 「潤滑の分子動力学シミュレーション -(弾性) 流体潤滑および境界潤滑-, 第55 回 トライボロジー先端講座-トライボシミュレーションの最前線-, 日本トライボロジー学会(2010) [講習会資料].
  4. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 兵頭志明, ”EHL 油膜の大規模MD シミュレーション”, 文部科学省超高速コンピュータ形成プロジェクト大規模実証計算報告書(2005) [プロジェクト報告書].

学位論文

  1. 鷲津仁志,Counterion polarization of polyelectrolytes in solution studied by computer simulation(計算機シミュレーションによる高分子電解質溶液の対イオン分極の研究),東京大学博士論文 (2001)
  2. 鷲津仁志,溶液中の高分子電解質の対イオン分極の計算機シミュレーション,東京大学修士論文 (1998)

講演

招待講演

  1. H. Washizu,"Molecular Simulation Approach for Sustainable Tribology", Sustainable Tribology Conference 2017 Amami,Amami yagijima Hotel, Amami (2017. 10. 15).
  2. 鷲津仁志,"ボトムアップの材料シミュレーションによるトライボ現象予測", 2017 年度メンテナンス分野合同研究会, 三菱電機, 尼崎 (2017. 9. 25).
  3. H. Washizu,"Tribological Simulations for Carbon Based Materials", The 8th Advanced Forum on Tribology 2017, Zhenjiang, China (2017. 9. 16).
  4. 鷲津仁志,"トライボロジーや電池を対象とした界面の分子シミュレーション", 第30回DV-Xα研究会, 兵庫県立大学, 姫路 (2017. 8. 3).
  5. 鷲津仁志,"ソフトマテリアルのための分子動力学・粗視化分子シミュレーション", 第22回 高分子計算機科学研究会講座 マルチスケールな高分子シミュレーション技術  東京工業大学, 東京 (2017. 6. 20).
  6. 鷲津仁志,"接触問題における数値シミュレーションの基礎と機械部品への適用", 日本機械学会関西支部 第349回講習会「構造・強度設計における数値シミュレーションの基礎と応用」 大阪科学技術センター,大阪 (2017. 5. 30).
  7. 鷲津仁志,"シミュレーション学ことはじめ:ナノスケールの摩擦や電池", 津山工業高等専門学校第2回 先端技術特別講義,津山工業高等専門学校,津山 (2017. 05. 29).
  8. 鷲津仁志,"分子シミュレーションによる固体間摩擦と境界潤滑解析", ファイル記憶のトライボロジー研究会, 関西大学東京センター,東京 (2017. 1. 27).
  9. 鷲津仁志,"スパコンでつくる自動車のオイルや電池", 一般向けスパコンセミナー「未来へ続くスパコンの挑戦 シミュレーションが変える私たちの暮らし」, 神戸大学,神戸 (2016. 10. 2).
  10. 鷲津仁志,"ナノ界面における摩擦の探求", 兵庫県立大学 知の交流シンポジウム2016,姫路商工会議所,姫路 (2016. 9. 26).
  11. 鷲津仁志,"マルチスケールにおけるトライボロジーのシミュレーション", 日本機械学会 2016 年度年次大会 WS「マルチスケールにおける製品設計の展望」九州大学, 福岡, (2016. 9. 13).
  12. 鷲津仁志,"実用材料系の分子シミュレーション入門", 分子シミュレーション研究会夏の学校,立山,富山 (2016. 9. 5).
  13. H. Washizu,"Simulation Studies of Micro/Nano Tribology", 4th Malaysia-Japan Tribology Symposium, Universiti Teknologi Malaysia, Malaysia (2016. 8. 25).
  14. 鷲津仁志,"マイクロナノトライボシミュレーションにおける粗視化", 東京都市大学 第109回総研セミナー, 東京都市大学、東京 (2016. 07. 22).
  15. H. Washizu,"Counterion condensation and dynamics at interfaces", Cecam (Centre Européen de Calcul Atomique et Moléculaire) work shop "Interactions and Transport of Charged Species in Bulk and at Interfaces", TU Wien, Austria (2016. 7. 6).
  16. 鷲津仁志,"高分子のトライボロジーに関する分子シミュレーション", 日本ゴム協会 第 106 回トライボロジー研究分科会, 日本ゴム協会,東京 (2016. 6. 29).
  17. 鷲津仁志,"スーパーコンピュータを用いたナノレベルからの自動車材料設計", 平成 27 年度イノベーションセミナー「スーパーコンピュータの活用と技術革新!!」, 姫路商工会議所,姫路,兵庫. (2016. 3. 25).
  18. 鷲津仁志,"摩擦の分子シミュレーションと実験とのコラボレーション", 第 2 回 兵庫県立大学 第2回計算科学連携センターセミナー 放射光と計算科学との連携解析, pp. 20-22., 姫路,兵庫. (2016. 3. 10).
  19. 鷲津仁志,"自動車の摩擦をナノスケールから考える" 第 11 回 兵庫県立大学 異分野融合若手研究者 Science & Technology クラブ, 姫路,兵庫. (2016. 1. 25).
  20. 鷲津仁志,"固液界面におけるイオン環境の構造とダイナミクス", 日本表面科学会 第 86 回表面科学研究会, 日本真空学会 2016 年 1 月研究例会, 「ナノトライボロジー:現在と未来」, 東京大学,東京. (2016. 1. 22).
  21. 鷲津仁志,"トライボ分子動力学とその拡張", グリーントライボ・ネットワーク 夏の学校2015, 伝国の杜, 米沢. (2015. 8. 18).
  22. 鷲津仁志,"境界潤滑とトライボ分子動力学", 第11回 境界潤滑研究会,帆船日本丸 訓練センター, 横浜. (2015. 7. 29).
  23. H. Washizu, "Extended Coarse-Grained Molecular Simulations for Coulomb Soup", Global Environmental System Leaders (GESL) Workshop on Molecular Simulation, GESL, Keio University, Yokohma, I08 (2015.3.18).
  24. 鷲津仁志, "コロイド電解質溶液の分子シミュレーション", 第3回コロイドマテリアル応用化研究会,科学技術交流財団 研究交流センター,名古屋, (2014.12.18).
  25. 鷲津仁志, "トラクションフルードに関する分子動力学的考察", 自動車技術会 第3回CVT・ハイブリッド部門委員会,中央大学,東京.(2014.12.12).
  26. 鷲津仁志, "イオン雰囲気を伴うソフトマテリアルの構造と動的挙動", 高分子計算機科学研究会,東京工業大学,東京.pp.3-4. (2014.10.24).
  27. 鷲津仁志, "層状物質は熱回避運動により低摩擦を発現する", 第 10 回固体潤滑シンポジウム,東京理科大学,東京.pp.31-34. (2014.10.22).
  28. H. Washizu, "Computer Simulation of Coulomb Soup; the Dynamics of Ion Environment", International Conference of Smart System Engineering 2014,Yamagata Univ.,Yonezawa. pp. 26-27. (2014.10.17)
  29. 鷲津仁志,“ソフトマター界面におけるイオンの流動”, 第33 回表面科学学術講演会, 筑波, (2013. 11. 26).
  30. 鷲津仁志,“研究人生におけるストーリー構築の一例”, 2013 年度第7 回 GESL セミナー, 慶應義塾大学, 横浜 (2013. 10. 23).
  31. 鷲津仁志,“分子シミュレーションによるソフトマテリアル界面のダイナミクス”, ポリマーフロンティア21【高分子材料を利用した表面・界面制御 -高機能発現を目指した表面・界面の制御-】, 東京, (2013. 06. 10).
  32. 鷲津仁志,“分子動力学からみた境界潤滑”, トライボロジー会議北海道室蘭2012-9, 日本トライボロジー学会, 室蘭, (2012.9.17).
  33. 鷲津仁志, “自動車の摩擦を分子レベルから考える”, 日本表面科学会中部支部市民講座「やさしい表面科学」低炭素社会とまさつ, 名城大学,名古屋, (2012. 7. 28)
  34. 鷲津仁志, ”ソフトマテリアルとしてのトライボ分子シミュレーション”, 第259 回トライボロジー懇談会, 九州大学,福岡,(2012.7.7)
  35. 鷲津仁志, 梶田晴司, 遠山護, 大森俊英, 西野典明, 寺西浩,鈴木厚, ”分子シミュレーションでわかる層状化合物の低摩擦機構”, トライボロジー会議東京2012-5, 日本トライボロジー学会, 東京, (2012.5.16). [セッション指名講演]
  36. H. Washizu, S. Kajita, M. Tohyama, T. Ohmori, H. Teranishi and A. Suzuki, ”Mechanism of Ultra Low Friction of Multilayer Graphene Analyzed by Coarse-Grained Molecular Simulation”, International Conference on Science of Friction (ICSF2010), Toba, Japan, (2010.9)
  37. H. Washizu, S. Kajita, T. Ohmori, S. Hyodo, H. Teranishi, A. Suzuki,, ”Dynamic structure of boundary lubricating water film on silanol covered surfaces using molecular dynamics simulation”, The 4th World Tribology Congress (WTC2009), p. 615, Kyoto, Japan (2009.9). [基調講演]
  38. H. Washizu, S. Kajita, T. Ohmori, S. Hyodo, H. Teranishi, A. Suzuki, ”Boundary slip and dynamics of momentum transfer in submicron thick elasto- hydrodynamic lubricating oil film using molecular dynamics simulation”, The 4th World Tribology Congress (WTC2009), p. 89 , Sep. Kyoto, Japan (2009.9).
  39. H. Washizu, S. Kajita, T. Ohmori, S. Hyodo, H. Teranishi, A. Suzuki,, ”Can Molecular Waters on Hydrophilic Surfaces Act as a Boundary Film?”, Tribochemistry Kyoto 2009, Kyoto, Japan, pp. 8-9. (2009.9).
  40. H. Washizu, S. Sanda, S. Hyodo and T. Ohmori, N. Nishino and A. Suzuki, ”Molecular Simulations for Automotive Tribology”, Materials Research Society 2008 Spring Meeting, San Fransisco, USA, T4.9, (2008. 03.).
  41. H. Washizu, S. Sanda, S. Hyodo, Toshihide Ohmori, Noriaki Nishino, Atsushi Suzuki, ”Analysis of Traction Properties of Fluids using Molecular Dynamics Simulations”, CVT-HYBRID 2007 Yokohama, 200074569, pp. 159-164, Hamagin Hall ”VIA MARE”, Yokohama, Japan, (2007.9.).
  42. 鷲津仁志, ”DLC-Si の低摩擦特性とその作用機構について”, 第78 回東海トライボロジー研究会, 名古屋大学, 名古屋, (2006.12.).
  43. H. Washizu, ”Nanotribology of oil and water in confined geometry studied  by molecular dynamics simulations”, RIKEN Seminar, 理化学研究所・和光市, (2006.12.)
  44. 鷲津仁志, ”自動車のトライボロジーへの分子シミュレーションの応用”, 第3回ナノトライボロジー研究会, 豊田理化学研究所, 愛知県長久手町, (2006.11.).
  45. 鷲津仁志, ”分子動力学法の基礎(5)-分子シミュレーションの高速化-”, 第5 回分子シミュレーションのトライボロジーへの応用研究会, 東京海洋大学, 東京, (2006.7.)
  46. 鷲津仁志, ”分子動力学法によるトラクション特性の解析”,  第1 回分子シミュレーションのトライボロジーへの応用研究会, 東京海洋大学, 東京, (2005.7.).
  47. 鷲津仁志, ”分子動力学法によるトラクション特性解析”, 第4 回トラクション研究会, 箱根, 神奈川, (2005.4.).
  48. 鷲津仁志, ”分子動力学法によるトラクション特性解析”, 第68 回東海トライボロジー研究会, 名古屋工業大学, 名古屋, (2004.10.).

学会発表

  1. Le Van Sang, A. Yano, S. Fujii, N. Sugimura, H. Washizu,"Friction of the micron-scale iron with the contacting sinusoidal rough surfaces", Sustainable Tribology Conference 2017 Amami,Amami yagijima Hotel, Amami (2017. 10. 14).
  2. H. Washizu, T. Maeda, H. Akiyama, M. Konishi, "Molecular dynamics analyses for boundary lubrications of carbon-based materials", 6th World Tribology Congress (WTC2017), Beijing International Convention Center, Beijing, China (2017. 09.19).
  3. H. Akiyama, H. Washizu "Sliding friction of fully hydrogenated DLC surfaces using molecular dynamics", 6th World Tribology Congress (WTC2017), Beijing International Convention Center, Beijing, China (2017. 09.19). won "The Best Poster Award".
  4. T. Konishi, H. Washizu "All-atom molecular dynamics study of absorbing process of organic monolayers", 6th World Tribology Congress (WTC2017), Beijing International Convention Center, Beijing, China (2017. 09.19). won "The Best Poster Award".
  5. 杉村 奈都子,Le Van Sang, 三原 雄司,鷲津 仁志, "FDPSフレームワークを用いた界面摩擦現象のメソスケールSPHシミュレーション", 日本機械学会 2017 年度年次大会,埼玉大学,さいたま (2017.09.04).
  6. 小西 正和, 西川 航平,鷲津 仁志, "単分子境界潤滑膜の生成過程の分子シミュレーション", 日本機械学会 2017 年度年次大会,埼玉大学,さいたま (2017.09.04).
  7. H. Washizu, H. Akiyama, "Molecular Simulations of Friction of Diamond Like Carbons", 5th Malaysia-Japan Tribology Symposium 2017 (MJTS 2017), p. 37., Universiti Teknologi Malaysia, Kuala Lumpur, Malaysia (2017.08.28).
  8. M. Konishi, H. Washizu, "Molecular Dynamics Simulation for Solvent Effect to Physical Adsorbtion of Organic Additives", 5th Malaysia-Japan Tribology Symposium 2017 (MJTS 2017), p. 36., Universiti Teknologi Malaysia, Kuala Lumpur, Malaysia (2017.08.28). won "The Best Poster Award".
  9. 小西 正和, 鷲津 仁志, "金属表面への溶媒効果を考慮した単分子境界潤滑膜の生成過程の評価", 関西潤滑懇談会 7月例会 ポスター発表会, 兵庫県立大学, 神戸,兵庫 (2017.07.21).
  10. Le Van Sang, A. Yano,S. Fujii, N. Sugimura, H. Washizu, "SPH simulation of friction of coarse -grained iron at micron-scale", 関西潤滑懇談会 7月例会 ポスター発表会, 兵庫県立大学, 神戸,兵庫 (2017.07.21).
  11. 秋山 博俊, 鷲津 仁志, "反応力場分子動力学を用いたジルコニア-DLC 間の摩擦シミュレーション", 関西潤滑懇談会 7月例会 ポスター発表会, 兵庫県立大学, 神戸,兵庫 (2017.07.21).
  12. H. Washizu, "Coarse grained molecular simulations for semi flexible polyelectrolyte brush", Liquids 2017 (10th Liquid Matter Conference) Ljubljana, Slovenia, (2017.07.17).
  13. H. Akiyama, H. Washizu, "Friction of Fully Hydrogenated Diamond-Like Carbon Films using Molecular Dynamics", p. 146, 2017 STLE Annual Meeting and Exhibition, Hyatt Regency Atlanta, Atlanta, Georgia, USA (2017.05.22).
  14. M. Konishi, H. Washizu, "Molecular Dynamics Simulation for Formation Process of Organic Monolayer", p. 146, 2017 STLE Annual Meeting and Exhibition, Hyatt Regency Atlanta, Atlanta, Georgia, USA (2017.05.22).
  15. 小西 正和, 鷲津 仁志, "全原子分子動力学法による溶液中の単分子吸着過程の解析" トライボロジー会議 2017 春 東京, 東京, E13, (2017.5.15).
  16. 秋山 博俊, 鷲津 仁志, "ボンドオーダーポテンシャルを使った水素含有DLC膜間の摩擦の分子動力学シミュレーション" トライボロジー会議 2017 春 東京, 東京, E4, (2017.5.15).
  17. H. Washizu, T. Maeda, H. Akiyama, M. Konishi, "Molecular Dynamics Studies for Boundary Lubrications of Carbon-Based Materials", 4th International Tribology Symposium of IFToMM (International Federation for the Promotion of Mechanism and Machine Science) (ITS-IFToMM 2017) / 1st K-Tribology International Symposium (K-TIS 2017), p. 140, Ramada Plaza Hotel, Jeju, Korea (2017. 3. 21).
  18. M. Konishi, H. Washizu, "Molecular Dynamics Study of Solvent Effects on the Absorbing Process of Organic Additives", Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai- (SSSN-Kansai), p. 175, Kyoto International Community House (kokoka), Kyoto (2017.01.25).
  19. H. Akiyama, H. Washizu, "Friction Behavior of Two Fully Hydrogenated DLC Films Using Molecular Dynamics Simulation", Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai- (SSSN-Kansai), p. 174, Kyoto International Community House (kokoka), Kyoto (2017.01.24).
  20. H. Washizu, T. Maeda, H. Akiyama, M. Konishi, "Lubrication of Carbon-Based Materials Analyzed by Molecular Dynamics", Symposium on Surface Science & Nanotechnology -25th Anniversary of SSSJ Kansai- (SSSN-Kansai), p. 31, Kyoto International Community House (kokoka), Kyoto (2017.01.24).
  21. T. Maeda, H. Washizu, "Mechanism of low friction of layered materials studied by all atom molecular dynamics", International Symposium on Micro-Nano Science and Technology 2016 (MNST2016), SaP20, University of Tokyo, Tokyo (2016. 12. 17).
  22. 小西 正和, 鷲津 仁志, "全原子分子動力学法による単分子吸着膜形成過程の解析" 第 7 回トライボロジー秋の学校in愛知,東浦町,愛知 (2016. 12. 8).
  23. 秋山 博俊, 鷲津 仁志, "分子動力学法による Fully hydrogenated DLC の摩擦シミュレーション", 第 7 回トライボロジー秋の学校in愛知,東浦町,愛知 (2016. 12. 8).
  24. 前田達也, 鷲津 仁志, "分子動力学シミュレーションによる層状グラフェンの低摩擦解析", 第 7 回トライボロジー秋の学校in愛知,東浦町,愛知 (2016. 12. 8).
  25. 小西 正和, 鷲津 仁志, "全原子分子動力学法による有機系単分子膜形成過程の解析", 第 30 回分子シミュレーション討論会,pp. 286-287, 大阪大学,大阪 (2016. 12. 1).
  26. 秋山 博俊, 鷲津 仁志, "REBO 分子動力学法による高水素含有アモルファス炭素膜の摩擦シミュレーション", 第 30 回分子シミュレーション討論会,pp. 300-301, 大阪大学,大阪 (2016. 12. 1).
  27. 前田達也, 鷲津 仁志, "分子動力学シミュレーションによる層状グラフェンの低摩擦機構解析", 第 30 回分子シミュレーション討論会,pp. 184-185, 大阪大学,大阪 (2016. 11. 30).
  28. T. Maeda, H. Washizu, "Molecular dynamics analysis of friction of graphene transfer layer", 4th International Conference on Molecular Simulation (ICMS2016), P076, Shanghai, China (2016. 10. 24).
  29. 前田達也, 鷲津 仁志, "層状グラフェン移着片の摩擦挙動の分子動力学解析", トライボロジー会議2016 秋 新潟, 新潟,pp. 5-6., (2016.10.12).
  30. 小西 正和, 鷲津 仁志, "分子動力学法による有機系単分子吸着膜形成過程の解明", トライボロジー会議2016 秋 新潟, 新潟,pp. 393-394., (2016.10.12).
  31. 秋山 博俊, 鷲津 仁志, "分子動力学法による Friction Fade Out 現象の解析", トライボロジー会議2016 秋 新潟, 新潟,pp. 395-396., (2016.10.12).
  32. T. Kinjo, H. Yoshida, H. Washizu, "Coarse-grained simulations of polyelectrolyte brush interfaces", 8th Intl. Conf. on Multiscale Materials Modeling (MMM2016), p. 288, Dijon, France (2016. 10. 10).
  33. 鷲津 仁志, "イオン性ソフトマテリアルの分子シミュレーション", 第65回高分子討論会, 神奈川大学, 神奈川, 1Q16 (2016. 9. 14). (依頼講演)
  34. 前田達也, 鷲津 仁志, "分子動力学法によるグラファイトの低摩擦機構解析", 分子シミュレーション研究会夏の学校,立山,富山 (2016. 09. 05).
  35. 小西 正和, 鷲津 仁志, "分子動力学法による有機系単分子膜の膜形成ダイナミクス解析", 分子シミュレーション研究会夏の学校,立山,富山 (2016. 09. 05).
  36. 秋山 博俊, 鷲津 仁志, "高水素含有アモルファス炭素膜の摩擦現象の REBO 分子動力学解析", 分子シミュレーション研究会夏の学校,立山,富山 (2016. 09. 05).
  37. 前田達也, 鷲津 仁志, "グラファイトの低摩擦機構解析", 関西潤滑懇談会 7 月例会 ポスター発表会, No. 19, 兵庫県立大学神戸情報科学キャンパス,兵庫 (2016. 07. 15).
  38. 前田達也, 鷲津 仁志, "層状グラフェン移着片の摩擦挙動の分子動力学シミュレーション", トライボロジー会議2016春 東京, pp. 171-172, 国立オリンピック記念青少年総合センター,東京 (2016. 05. 23). 日本トライボロジー学会学生奨励賞受賞.
  39. 金城 友之, 吉田 広顕, 鷲津 仁志, "高分子電解質ブラシ界面の粗視化シミュレーション", 2015年度 高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会合同討論会, pp. 13-14, 大阪大学,大阪 (2016. 3. 7).
  40. 鷲津 仁志, "半屈曲性高分子電解質ブラシの界面構造", 2015年度 高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会合同討論会, pp. 37-38., 大阪大学,大阪 (2016. 3. 7).
  41. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, "Coarse-grained molecular simulations of additives for secondary batteries", The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015), PHYS 2048, Honolulu, USA (2015. 12. 20).
  42. T. Kinjo, H. Yoshida, H. Washizu, "Coarse-grained simulations of interfaces between grafted polyelectrolytes", The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015), MACR 114, Honolulu, USA (2015. 12. 15).
  43. 鷲津 仁志,"固液界面における高分子電解質の構造", 第 29 回分子シミュレーション討論会, 226P, pp. 304-305, 新潟, (2015. 12. 1).
  44. 金城友之, 吉田広顕, 鷲津仁志, 高分子電解質ブラシ系の粗視化シミュレーション, 第 29 回分子シミュレーション討論会, 112S, pp. 46-47, 新潟, (2015. 11. 30).
  45. 鷲津 仁志,金城 友之,吉田 広顕, "固液界面における高分子電解質ブラシの構造", 第 7 回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 28am2-F-1, 新潟, (2015. 10. 28).
  46. H. Washizu,T. Kinjo, H. Yoshida, "Structure and Dynamics of Polyelectrolyte Brushes calculated by Coarse-Grained Simulations", International Tribology Conference, Tokyo 2015, 19pD-06, Tokyo, Japan (2015. 9. 19).
  47. H. Washizu,T. Kinjo, H. Yoshida, "Counterion Condensation and Dynamics on the Surfaces", Tribochemistry Nikko 2015, O-08, p. 28., Nikko, Japan. (2015. 9. 13).
  48. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, "Structure and dynamics of polyelectrolyte brushes calculated by coarse-grained molecular simulations", 2015 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment, Kobe, WeB-1-2 (2015. 6).
  49. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕,"粗視化分子シミュレーション による高分子電解質ブラシの挙動解析", トライボロジー会議 2015 春 姫路,姫路, pp. 358-359, (2015. 5).
  50. 相川小春,金城友之,吉田広顕,鷲津仁志, "二次電池電解液添加剤の粗視化分子シミュレーション", 第28回分子シミュレーション討論会,仙台.pp. 28-29. (2014.11).
  51. 吉田広顕,金城友之,鷲津仁志,水野英如,Jean-Louis Barrat, "分子動力学によるナノチャネル内水溶液の流れのシミュレーション", 第28回分子シミュレーション討論会,仙台.pp. 30-31. (2014.11).
  52. 金城友之,吉田広顕,鷲津仁志, "粗視化モデルによる電解質溶液のシミュレーション", 第28回分子シミュレーション討論会,仙台, pp. 32-33. (2014.11).
  53. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, "Analysis of electrokinetic transports of nano-confined electrolyte solutions by means of the molecular dynamics simulations", 京都大学理学研究科 統計物理学研究室セミナー,京都.(2014.11). [招待講演]
  54. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕, "低摩擦を発現する高分子電解質ブラシの分子シミュレーション", トライボロジー会議2014秋岩手,盛岡, pp. 56-57. (2014.11).
  55. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕, "高分子電解質ブラシの粗視化シミュレーション", 日本機械学会第6回マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演会,松江.21am2-F2 (2014.10).
  56. 吉田広顕,水野英如,金城友之,鷲津仁志,Jean-Louis Barrat, "分子動力学法によるナノチャネル内水溶液の輸送現象の解析", 日本機械学会第6回マイクロ・ナノ工学シンポジウム講演会, 松江.22am2-F3 (2014.10).
  57. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, "Multiscale-Multiphysics Approach to Polyelectrolyte Brush Friction", MMM 2014 (7th International Conference on Multiscale Materials Modelling), Berkley, USA.(2014.10).
  58. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, "Structure and dynamics of polyelectrolyte brushes studied by coarse-grained molecular simulations", 第63回高分子討論会,長崎.(2014.10).
  59. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕, "帯電したソフトマターの構造と機械特性",日本機械学会 2014 年度年次大会,東京.(2014.10).
  60. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, "A lattice Boltzmann simulation of electro-osmotic flows in a microchannel with undulated surfaces",The 11th International Conference for Mesoscopic Methods in Engineering and Science (ICMMES 2014), New York, USA. (2014.09).
  61. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, H. Mizuno, J. L. Barrat, "Molecular Dynamic Simulation of the Electrokinetic Flows of an Aqueous Electrolyte Solution in Nanochannels", 9th Liquid Matter Conference, Lisbon, Portugal. (2014.07).
  62. T. Kinjo, H. Yoshida, H. Washizu, "Dissipative Particle Dynamics Simulation of Electrolyte Solutions:Polarizable Solvent Model for Coarse-grained Particles", 9th Liquid Matter Conference, Lisbon, Portugal. (2014.07).
  63. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕, "高分子電解質ブラシの分子シミュレーション", トライボロジー会議 2014春 東京, 東京.pp. 167-168, (2014.05).
  64. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, “Extended Coarse-Grain Methods for Coulomb Soup”, Proceedings ELKIN- International Conference n Electrokinetic Phenomena Ghent, Belgium (2014. 5. 20).
  65. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, “Counterion Condensation and Dynamics of Charged Macromolecules”, Nagoya Symposium on epletion Forces: Celebrating the 60th Anniversary of the Asakura-Oosawa Theory, Nagoya, (2014. 03. 14).
  66. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, “Computer Simulations of Soft Materials for Automotive Tribology”, 19th International Colloquium ribology, Esslingen, Germany, (2014. 01. 21).
  67. 小林敬之, 吉田広顕, 林秀光, 金城友之, 鷲津仁志, 福澤健二“拡散現象に対する格子ボルツマン法における2 相界面での境界処理法”, 第27 回数値流体力学シンポジウム(CFD2013), 名古屋(2013. 12. 19).
  68. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕,“クーロン系ソフトマターシミュレータによる電気浸透流の解析”, 第3 回ソフトマター研究会, 東京(2013. 12. 13).
  69. T. Kinjo, H. Yoshida, H. Washizu, Mapping of Dissipative Particle Dynamics Model onto Vapor-Liquid Coexistence, 3rd International Conference on Molecular Simulation (ICMS2013), Kobe, Japan, (2013. 11. 20).
  70. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, “Dynamic Simulations of Ion Atmosphere of Complex Electrolytes Solutions”, 3rd International Conference on Molecular Simulation (ICMS2013), Kobe, Japan, (2013. 11. 18).
  71. M. Fukuda, H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, F. Chang, S. Itoh, K. Fukuzawa, “Dissipative Particle Dynamics Simulation of Nanometer-Thick Liquid Lubricant Films Under Shear”, 3rd International Conference on Molecular Simulation (ICMS2013), Kobe, Japan, (2013. 11. 18).
  72. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, “A Numerical Simulation of Brownian-Particle Suspensions Using the Lattice Boltzmann Method”, 3rd International Conference on Molecular Simulation (ICMS2013), Kobe, Japan, (2013. 11. 18).
  73. 梶田晴司, 遠山護, 鷲津仁志, 大森俊英, 渡邊幸志, 鹿田真一, “摩擦に及ぼすフォノンエネルギー散逸の影響(同位体ダイヤ積層膜を用いたナノ摩擦解析)”, 日本機械学会第5 回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 仙台, (2013. 11. 06).
  74. 吉田広顕,金城友之,鷲津仁志,“波状壁面からなるマイクロチャネル内の電気浸透流”, 日本機械学会第5 回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 仙台, (2013. 11. 06).
  75. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕,“粗視化分子シミュレーションによる高分子電解質ブラシの構造解析”, 日本機械学会第5 回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 仙台, (2013. 11. 05).
  76. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕,“複雑な電解液系のイオン流動シミュレーション”, 日本機械学会 第26 回計算力学講演会, 佐賀, (2013. 11.02). [依頼講演]
  77. 梶田晴司, 遠山護, 鷲津仁志, 大森俊英, 渡邊幸志, 鹿田真一, “格子振動エネルギー散逸に着目した同位体ダイヤ積層膜のナノ摩擦解析”, トライボロジー会議2013 秋福岡, 福岡,(2013. 10. 25).
  78. 鷲津仁志, 金城友之, 吉田広顕, 福田基雄, 張賀東, 福澤健二, 伊藤伸太郎, “粗視化分子動力学法を用いたナノ厚さ液体潤滑膜のせん断特性解析”,トライボロジー会議2013 秋福岡, 福岡,(2013. 10. 25).
  79. 梶田晴司, 遠山護, 鷲津仁志, 大森俊英, 渡邊幸志, 鹿田真一, “格子振動エネルギー散逸の変化が及ぼす固体間摩擦への影響:同位体ダイヤモンドを用いた検証”, 日本物理学会2013 年秋季大会, 徳島(2013. 09. 28).
  80. S. Kajita, T. Tohyama, H. Washizu, T. Ohmori, H. Watanabe, S. Shikata, “Friction Change by Isotopic Lattice-Vibration Shifting of Solid”, 5th World Tribology Congress (WTC 2013), Torino, Italy, (2013. 09. 08).
  81. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, “Low Friction Mechanism of Polyelectrolyte Brushes Analyzed by Coarse-Grained Molecular Simulations”, 5th World Tribology Congress (WTC 2013), Torino, Italy, (2013. 09. 08).
  82. 金城友之,吉田広顕,鷲津仁志,“ソフトマター界面のイオン流動シミュレーション”, 日本機械学会2013 年度年次大会, 岡山, (2013. 09. 08).
  83. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, “Molecular Modeling of Ion Atmosphere of Colloidal Systems”, 27th Conference of the European Colloid and Interface Society (ECIS 2013), Sofia, Bulgaria (2013. 09. 03).
  84. T. Kinjo, H. Yoshida, H. Washizu, “Polarizable Dissipative Particle Dynamics Simulation for Electrolyte Solutions”, 12th Asia Pacific Physics Conference, Chiba, Japan, (2013. 07. 16).
  85. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕,“粗視化分子シミュレーションによる高分子電解質ブラシの構造解析”, トライボロジー会議2013 春東京, 東京, (2013.05. 20).
  86. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, “Soft Materials for Automotive Tribology”, 3rd International Tribology Symposium of IFToMM (ITS2013), Lulea, Sweeden, (2013. 03. 19).
  87. 吉田広顕,金城友之,鷲津仁志,“格子ボルツマン法によるブラウン粒子を含む流体のシミュレーション”, 第26 回数値流体力学シンポジウム, 東京, (2012. 12. 18).
  88. H. Yoshida, T. Kinjo, H. Washizu, “Coupled Lattice Boltzmann Method for Simulating Electrokinetic Flows in Microchannels”, 3rd European Conference on Microfluidics -Microfluidics 2012 (μ Flu’12), Heidelberg, Germany (2012. 12. 04).
  89. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕,“粗視化分子シミュレーションによる高分子電解質ブラシの構造”, 第26 回分子シミュレーション討論会, 福岡,(2012. 11. 26).
  90. 金城友之,吉田広顕,鷲津仁志,“分極振動子による極性溶媒の粗視化粒子モデル”, 第26 回分子シミュレーション討論会, 福岡,(2012. 11.26).
  91. 梶田晴司, 鷲津仁志,大森俊英,“フォノンエネルギー散逸を取り込むシミュレーション手法の開発と固体間摩擦解析”, 日本機械学会第4 回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 北九州,(2012. 10. 24).
  92. 吉田広顕,金城友之,鷲津仁志,“界面動電現象による流れを解析するための格子ボルツマン法”, 日本機械学会第4 回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 北九州,(2012. 10. 24).
  93. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕,“高分子電解質ブラシの粗視化分子シミュレーション”, 日本機械学会第4 回マイクロ・ナノ工学シンポジウム, 北九州,(2012. 10. 22).
  94. H. Washizu, T. Kinjo, H. Yoshida, “Monte Garlo Brownian Dynamics Simulation of Polyelectrolyte Brushes”, 6th International Conference on Multiscale Materials Modeling (MMM 2012), Syngapore, (2012. 10. 18).
  95. T. Kinjo, H. Washizu, H. Yoshida, “Coarse-Grained Particle Model for Polar Solvent”, Conference on Computational Physics (CCP2012), Osaka, Japan (2012. 10. 16).
  96. 鷲津仁志,金城友之,吉田広顕,“ナノ界面のイオン流動シミュレーション”, 第2 回ソフトマター研究会, 福岡,(2012. 9. 24).
  97. H. Washizu, H. Yoshida, T. Kinjo, “Computer Simulation of Polyelectrolyte Brushes”, 6th International Colloquium Micro-Tribology 2012, Warsow, Poland, (2012.09. 11).
  98. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, 西野典明, 鈴木厚”第一原理計算によるDLC-Si モデルのOH 吸着安定性と電子状態解析”, トライボロジー会議東京2012-5, 日本トライボロジー学会, 東京, (2012.5.16)
  99. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, ”固体間摩擦における原子数依存性の検証と無限原子数を組み込む理論法”, トライボロジー会議東京2012-5, 日本トライボロジー学会, 東京, (2012.5.16)
  100. H. Washizu, S. Kajita, M. Tohyama, T. Ohmori, N. Nishino, H. Teranishi and A. Suzuki, ”Mechanism of Ultra Low Friction of Multilayer Graphene Studied by Coarse-Grained Molecular Simulation”, Faraday Discussion 156: Tribology, Southampton, UK,(2012.4.3).
  101. 鷲津仁志, ”粗視化シミュレーションによる複層グラフェンの摩擦発現機構解析”, 文部科学省「最先端・高性能スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発(ナノ) 次世代生命体統合シミュレーションソフトウェアの研究開発(ライフ) 公開シンポジウム, p. 189, ニチイ学館神戸ポートアイランドセンター,神戸, (2012.3.5).
  102. H. Washizu, S. Kajita, M. Tohyama, T. Ohmori, N. Nishino, H. Teranishi and A. Suzuki, ”Ultra Low Friction of Multilayer Graphene”, Phase Transition Dynamics in Soft Matter: Bridging Microscale and Mesoscale, Kyoto, (2012.2.21)
  103. H. Washizu, S. Kajita, M. Tohyama, T. Ohmori, N. Nishino, H. Teranishi and A. Suzuki, ”Ultra Low Friction of Multilayer Graphene Studied by Coarse-Grained Molecular Simulation”, 2011 MRS Fall Meeting, (2011.11.28)
  104. H. Washizu, S. Kajita, M. Tohyama, T. Ohmori, N. Nishino, H. Teranishi and A. Suzuki, ”Mechanism of ultra-low friction of multilayer graphite transfer film analyzed by coarse-grained molecular simulation”,International Tribology Conference Hirosima 2011(ITC Hirosima 2011), C2-06, Hiroshima, (2011.10.30)
  105. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori, Dynamic Green ’s Function Approach for Solid Friction and System-Size Effect, International Tribology Conference Hirosima 2011(ITC Hirosima 2011), C3-02 Hiroshima, (2011.11.2)
  106. T. Ohmori, H. Washizu, ”Nanoscale Approach for Elastohydrodynamic and Boundary Lubrication by Molecular Dynamics Simulations”, The Second Advanced Forum on Tribology, Luoyang, China, (2011.4.16) [招待講演]
  107. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, ”固体間摩擦解析:原子数スケールギャップを超える”, 日本物理学会講演概要集, 日本物理学会2011 年秋季大会, 66(2-2), 271, 2011-08-24, 富山, (2011.8)
  108. 鷲津仁志, 梶田晴司, 遠山護, 大森俊英, 西野典明, 鈴木厚,”粗視化シミュレーションによる複数層グラフェンの摩擦発現機構解析”, トライボロジー会議2011 春東京, pp. 219-220. 東京, (2011.5).
  109. 鷲津仁志, ”粗視化シミュレーションによる複層グラフェンの超低摩擦機構”, 文部科学省「最先端・高性能スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発(ナノ) 次世代生命体統合シミュレーションソフトウェアの研究開発 (ライフ) 公開シンポジウム, p. 189, ニチイ学館神戸ポートアイランドセンター,神戸, (2011.2.22).
  110. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori, ”Dynamic Green’s Function Approach for Solid Friction and Contact-Size Effect”, 5th International Conference Multiscale Materials Modeling (MMM 2010), p. 845., Freiburg, Germany, (2010.10)
  111. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, 無限原子層からなる固体表面モデルによる固体間摩擦解析, 日本物理学会講演概要集65(2-2), 232, 2010-08-18, 大阪,(2010.9)
  112. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, 無限原子層からなる固体表面モデルにおける摩擦係数のフォノンモード分解, 日本物理学会講演概要集65(2-2), 232, 2010-08-18 大阪,(2010.9)
  113. 鷲津仁志, 梶田晴司, 遠山護, 大森俊英, 寺西浩, 鈴木厚,”粗視化分子シミュレーションによるグラファイト移着片の安定性と低摩擦発現機構解析”, トライボロジー会議2010 秋福井, pp. 109-110. 福井, (2010.9).
  114. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori, ”Dynamic Green’s Function Approach for Solid Friction”, International Conference on Science of Friction (ICSF2010), Toba, Japan, (2010.9)
  115. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori, ”Method of Dynamic Green’s Function for Solid Friction and Energy Dissipation Due to Phonon”, Gordon Research Conferences:Tribology, Waterville, USA, (2010.7)
  116. 鷲津仁志, 梶田晴司, 遠山護, 大森俊英, 寺西浩, 鈴木厚,”粗視化分子シミュレーションによるグラファイトの低摩擦発現機構解析”, トライボロジー会議2010 春東京, pp. 159-160. 東京, (2010.5).
  117. 鷲津仁志, 梶田晴司, 兵頭志明, 大森俊英, 寺西浩, 鈴木厚, 分子動力学法による弾性流体潤滑油膜の界面すべり解析, 文部科学省「最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト 次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発 第4 回公開シンポジウム, 自然科学機構岡崎コンファレンスセンター, 岡崎, (2010.03).
  118. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, ”固体間摩擦の機構解析:固体バルク原子による格子振動エネルギー散逸”, 第29 回表面科学学術講演会, 1P15Y, 東京,(2009. 10).
  119. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, ”無限原子層からなる固体表面モデルによるナノ摩擦解析”, 日本物理学会 2009 年秋季大会, 日本物理学会講演概要集64(2-2), p. 163, 熊本,(2009.9).
  120. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori, ”Origins of kinetic friction: Energy dissipation due to low frequency lattice vibration”, The 4th World Tribology Congress (WTC2009), p. 625, Kyoto, Japan (2009.9).
  121. H. Washizu, S. Kajita, T. Ohmori, S. Hyodo, H. Teranishi, A. Suzuki, ”Dynamic structure of boundary lubricating water film on hydrophilic surfaces using molecular dynamics simulation”, 2009 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment, pp. 271-272, Tsukuba, Japan (2009.6).
  122. S. Kajita, H. Washizu, T. Ohmori, ”Microscopic Mechanism for kinetic friction: Energy dissipation due to lattice vibration in sliding surfaces”, 2009 JSME-IIP/ASME-ISPS Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment, pp. 269-270.,Tsukuba, Japan (2009.6).
  123. H. Washizu, S. Kajita, T. Ohmori, S. Hyodo, H. Teranishi, A. Suzuki, ”Dynamics of momentum transfer in elasto-hydrodynamic lubricating oil film”, 3rd Vienna International Conference on Nano-Technology, pp. 87-90, Osterreichische Tribologische Gesellschaft, Vienna, Austria (2009.3).
  124. 鷲津仁志, 梶田晴司, 兵頭志明, 大森俊英, 寺西浩, 鈴木厚, 分子動力学法による弾性流体潤滑油膜の圧力依存性解析, 文部科学省「最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト 次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発 第3 回公開シンポジウム, 自然科学機構岡崎コンファレンスセンター, 岡崎, (2009.03).
  125. 鷲津仁志, 梶田晴司, 兵頭志明, 大森俊英, 寺西浩, 鈴木厚, ”自動車のトライボロジーにおける分子シミュレーションの適用”, トライボロジー会議2008 秋名古屋, pp. 49-50. 名古屋, (2008.9).
  126. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, ”格子ダイナミクスの固体間動摩擦現象への寄与”, トライボロジー会議2008 秋名古屋, pp. 49-50. 名古屋, (2008.9).
  127. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, ”固体間摩擦における格子ダイナミクスの動摩擦係数への寄与”, 日本物理学会 2008 年秋季大会, 日本物理学会講演概要集63-2, p. 208, 盛岡,(2008.9).
  128. 梶田晴司, 鷲津仁志, 大森俊英, ”格子ダイナミクスによる固体間動摩擦現象への寄与”, 摩擦の科学,刈谷,(2008.9).
  129. H. Washizu, S. Kajita, T. Ohmori, S. Hyodo, H. Teranishi, A. Suzuki, ”Wall Slip in the Molecular Dynamics Simulation. of Elasto-Hydrodynamic Lubricating Oil Film”, 1st International Conference The Grand Challenge to Next-Generation Integrated Nanoscience, p. 109, Tokyo, (2008.6).
  130. 鷲津仁志, 梶田晴司, 兵頭志明, 大森俊英, 寺西浩, 鈴木厚, ”分子動力学法による表面シラノール基上の水の周期的構造転移”, トライボロジー会議2008 春東京, pp. 119-120. 東京, (2008.5).
  131. 鷲津仁志, ”大規模分子動力学による弾性流体潤滑油膜における界面すべり解析”, 文部科学省「最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト 次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発 第2 回公開シンポジウム, P78, 自然科学機構岡崎コンファレンスセンター, 岡崎, (2008.03).
  132. H. Washizu, S. Sanda, S. Hyodo and T. Ohmori, N. Nishino and A. Suzuki, ”All atom Molecular Dynamics Simulation of Submicron Thickness EHL Oil Film”, STLE/ASME International Joint Tribology Conference IJTC2007, San Diego, USA, IJTC2007-44179 (2007. 10.).
  133. 鷲津仁志, 三田修三, 兵頭志明, 大森俊英, 西野典明, 鈴木厚, ”分子動力学法による弾性流体潤滑油膜における界面すべり解析”, トライボロジー会議2007 秋佐賀, pp. 267-268, 佐賀, (2007.9).
  134. H. Washizu, S. Sanda, S. Hyodo and T. Ohmori, N. Nishino and A. Suzuki, ”Molecular Dynamics Simulations of Elasto-hydrodynamic Lubrication and Boundary Lubrication for Automotive Tribology”, International Conference on Science of Friction, p. 54, Irago view hotel, Irago, Japan, (2007.09.).
  135. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 西野典明, 鈴木厚, ”分子動力学法による表面シラノール基上の水の動的構造解析”, トライボロジー会議2007 東京, pp. 163-164, 東京, (2007.5.).
  136. H. Washizu, S. Sanda, S. Hyodo and T. Ohmori, N. Nishino and A. Suzuki, ”A Molecular Dynamics Analysis of the Traction Fluids”, SAE 2007 World Congress, 2007-01-1016, Detroit, USA, (2007.4.).
  137. 鷲津仁志, ”大規模分子動力学計算による実スケール潤滑油膜の解析”, 文部科学省「最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト 次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発 第1 回公開シンポジウム, P17, 自然科学機構岡崎コンファレンスセンター, 岡崎, (2007.03).
  138. H. Washizu, S. Sanda, S. Hyodo, T, Ohmori, N. Nishino and A. Suzuki, ”High performance molecular dynamics simulation of submicron thickness EHL oil film”, Third Asia International Conference on Tribology, T11-172, pp. 515-516, Kanazawa, Japan, (2006.10.).
  139. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 鈴木厚, 西野典明, ”分子動力学法による表面シラノール基上の水の動的構造解析”, 第114 回表面技術協会講演大会, pp. 191-192, 北海道大学, 札幌(2006.10.).
  140. 鷲津仁志, ”大規模分子動力学計算による弾性流体潤滑油膜解析”, ナノサイエンス実証研究第4 回公開シンポジウム, p. 30, 分子科学研究所, 岡崎, (2006.4.).
  141. 鷲津仁志, 三田修三, 兵頭志明, 大森俊英,鈴木厚, ”大規模分子動力学計算によるEHL 油膜解析”, トライボロジー会議2005 東京, pp. 381-382, 東京, (2005.11.).
  142. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 兵頭志明, ”EHL 油膜の大規模MD シミュレーション” 分子構造総合討論会2005, 4D11, 東京工業大学, 東京, (2005.9.).
  143. H. Washizu, S. Sanda, T. Ohmori and S. Hyodo, ”Submicron thickness molecular dynamics simulation of lubricating oil film” 1st NAREGI International Nanoscience Conference, p. 115, Nara, Japan, (2005.6.14-18).
  144. H. Washizu, S. Sanda, T. Ohmori and A. Suzuki, ”Molecular Origin and Dynamic Behavior of Momentum Transfer in Traction Fluids”, ITC (International Tribology Conference), E44, p. 350, Kobe, Japan, (2005.5).
  145. 鷲津仁志, ”高圧・高せん断下における潤滑油膜の分子動力学解析” ナノサイエンス実証研究第3 回公開シンポジウム, 1P23, 分子科学研究所, 岡崎, (2005.3.).
  146. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 鈴木厚, ”分子動力学法によるトラクション特性解析(第3 報) 分子構造の異なる炭化水素におけるトラクション発現機構”, トライボロジー会議2004 鳥取, pp. 465-466, 鳥取(2004.11.).
  147. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 鈴木厚, ”分子動力学法によるトラクション特性解析(第2 報) 分子内・分子間相互作用に着目したトラクション発現機構解析”, トライボロジー会議2004 東京,pp. 231-232, 東京, (2004.5.). 日本トライボロジー学会奨励賞受賞.
  148. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 鈴木厚, ”分子動力学法によるトラクション特性解析(第1 報) シミュレータの製作および適正計算条件の選定”, トライボロジー会議2004 東京, pp. 229-230, 東京(2004.5.).
  149. 鷲津仁志, 三田修三, 大森俊英, 鈴木厚, ”高圧・高せん断下における潤滑油膜のMD シミュレーション”, 日本コンピュータ化学会2004 春季年会, 1O12, 東京, (2004.5.).
  150. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”Metropolis Monte Carlo Brownian Dynamics 法によるDNA 水溶液の対イオン分極のシミュレーション”, 化学ソフトウェア学会2000 年会, pp. 104-105, つくばカピオ, つくば, (2000.11.).
  151. H. Washizu K.Kikuchi, ”Anisotropy of the electrical polarizability of model DNA fragments in salt solutions”, International Symposium on Colloidal and Molecular Electrooptics (Electroopto2000), p. 55., Pamporovo, Bulugaria, (2000.10.).
  152. K. Kikuchi, H. Washizu, ”Anisotropy of the electrical polarizability of model DNA fragments in salt-free aqueous solutions”, International Symposium on Colloidal and Molecular Electrooptics (Electroopto2000), p. 19., Pamporovo, Bulugaria, (2000.10.).
  153. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”高分子電解質溶液のイオン雰囲気の構造と対イオン分極”, (第49 回高分子討論会, IIG01, 東北大学川内北キャンパス, 仙台, (2000.10.)), Polym. Prepr. Jpn., 49,9, 2561-2562.
  154. H. Washizu, K. Kikuchi, ”Anisotropy of the electrical polarizability of model DNA fragments in salt solutions”, Polyelectrolytes 2000, p. 26., LesDiablerets, Switzerland, (2000.7.).
  155. 鷲津仁志・菊地一雄, ”高分子電解質溶液の対イオン分極とイオン雰囲気の構造”, (第49 回高分子学会年次会, 2Pd064, 名古屋国際会議場, 名古屋, (2000.5.), Polym. Prepr. Jpn., 49,3, 559.
  156. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”添加塩系高分子電解質溶液の対イオンゆらぎの高分子濃度依存性”, 第5 回高分子計算機科学研究討論会, pp. 13-14, 大阪大学, 大阪, (2000.3.).
  157. 中川奈都子, 鷲津仁志, 菊地一雄, ”無塩系におけるDNA の電気的分極率”, (第48 回高分子討論会, 1Pc137, 新潟大学, 新潟, (1999.9)), Polym. Prepr. Jpn., 48,13,3580-3581.
  158. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”DNA 水溶液の電気的分極率の異方性の塩濃度・分子量依存性”, (第48 回高分子討論会, 3Q03, 新潟大学, 新潟, (1999.9.)), Polym. Prepr. Jpn., 48, 13, 3578-3579.
  159. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”添加塩系におけるDNA の電気的分極率の異方性”, (第48 回高分子学会年次大会, 3Pb142, 京都国際会議場, 京都, (1999.5.)), Polym. Prepr. Jpn., 48, 5, 948.
  160. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”モデルDNA 水溶液の対イオン分極における添加塩の効果”, 第4 回高分子計算機科学研究討論会, pp 13-14, 東京工業大学, 東京, (1999.3.).
  161. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”モデルDNA 水溶液の対イオン分極における添加塩の効果”, (第47 回高分子討論会, 2Q12, 名古屋国際会議場, 名古屋, (1998.9.)), Polym. Prepr. Jpn., 47, 19, 4029-4030.
  162. K. Kikuchi, H. Washizu, ”Electrical polarizability of a model DNA fragment studied by Monte Carlo simulations”, Polyelectrolytes ’98, Inuyama, Japan, (1998.5.). Proceedings of Yamada Conference L: Polyelectrolytes, p. 80., Noda, I., Kokufuta., (1998).
  163. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”モデルDNA 断片の電気的分極率-添加塩濃度依存性”, (第47 回高分子学会, 2Pe113, 国立京都国際会舘, 京都, (1998.5.)), Polym. Prepr. Jpn., 46, 14, 3775-3776.
  164. H. Washizu, K.Kikuchi, ”Anisotropy of Electrical Polarizability of DNA Fragments” 8th International Symposium of Colloid and Molecular Electrooptics, p. 16., St.-Petersburg, Russia, (1997.6.).
  165. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”高分子電解質の電気的分極率の異方性”, (第46 回高分子学会, 1Pd146, 東京工業大学, 東京, (1997.5.)), Polym. Prepr. Jpn., 46, 5, p. 946.
  166. 鷲津仁志, 菊地一雄, ”メトロポリスモンテカルロ法による高分子電解質の電場下での配向過程のシミュレーション” (第45 回高分子学会, 3Z02, 広島大学, 広島, (1996.9.)), Polym. Prepr. Jpn., 45, 12, pp. 3654-3655.
  167. 高橋賢吾, 鷲津仁志, 槌屋美實, ”粘菌変形体糸における自励振動の力学的刺激に対する過渡応答”, 日本物理学会1996 年春の講演会, 1p-G-4, 金沢大学, 金沢, 日本物理学会講演概要集, 51-1-3, p. 756, (1996.3.).

特許

  1. 特願2007-242679 摺動部材
  2. 特開2009-301437 シミュレーションシステムおよびそのプログラム
  3. 特許第5138522号 摺動部材及びローラーロッカーアーム式動弁装置
  4. 特許第4905440号 固体挙動解析シミュレータおよびプログラム
  5. 特許第5428694号 固体挙動解析シミュレータおよびプログラム
  6. 特許第5308285号 シミュレーションシステム及びシミュレーションプログラム
  7. 特許第5676282号 摺動部材および摺動部品
  8. 特許第5563504号 予測支援装置、予測支援方法及びプログラム
  9. 特許第5517307号 摺動部材およびその製造方法
  10. 特願2012-75104 摺動部材及びその製造方法
  11. 特願2012-74247 摺動部材
  12. 特願2012-74230 摺動部材





 ページのトップへ戻る